通販市販で買えない、ふるさと青汁を安く通販で!効果を本音で評価

マイケアのふるさと青汁にはどんな原材料が使われているの?
マイケアふるさと青汁
青汁ってまずいイメージがありますか?答えはほとんどの方がイエスと答えるのではないでしょうか。

 

青汁の原材料は葉っぱですので、まずいというよりは苦いといったほうがいいかもしれませんが、決して美味しいと感じられるものではないでしょう。

 

特に多くの青汁で原材料となっているケールは独特の苦味が特徴で、レモンやはちみつなどの甘味料を加えなければ非常に飲みにくく、いくら健康のためとはいえ続けるのも困難でしょう。

 

しかし青汁は普段の食事で取れない栄養素をたっぷりと含んでいますので、健康生活に是非とも取り入れたい健康ドリンクの一つです。

 

ふるさと青汁は青汁に抵抗があって試したことのない方や、一度試してこんなにまずいなら飲めない!と諦めてしまった方に飲んでほしい新風味の青汁です。

 

ふるさと青汁は従来の青汁と異なり、

 

原材料に明日葉を採用

 

しました。

 

従来の青汁のほとんどは苦味の強いケールが使用されていますが、明日葉はクセが少ないだけでなく

 

ケールをはるかに上回る栄養素

 

を含んでいるのです。

 

ふるさと青汁の原材料となっている明日葉のもう一つの秘密はカルコンという成分にあります。

 

カルコンは自然界の中でも有数のポリフェノールであり、新陳代謝を良くして老廃物を体外に出す働きを持っていますので、むくみや便秘、肌荒れなどにとても効果的なのです。

 

またカルコンにはクマリンと呼ばれる抗菌作用を持つ成分も含まれており、体内に菌が繁殖するのを防いでくれるため病気になりにくいからだづくりにも役立ちます。

 

そのほかにもビタミンが豊富な大麦若葉や高血圧や糖尿病に効くとされる桑の葉をバランス良く配合していますので、飲むだけで美容と健康の両方がに効く理想的な青汁なのです。